理想と情熱をもって何ごとにも取り組み
持続性の高い環境づくりを目指します

TOP | 私たちが大切にすること

CREATOR MESSAGE

私たちが大切にすること

価値への気づきをコンテンツ化し
サスティナビリティなデザインへ

 

豊かな未来は、自分たちが育て上げ訪れません。
そこで私たちは、「より豊かな社会が共有できる仕組みを創生する」をモットーに、社会の仕組みとなるクリエイティブワークをコンテンツとして視覚化や具現化し、持続性の高い魅力的な社会づくりを行ってきました。また、その仕組みづくりの中で重要なのが、共有出来るヴィジョン(理想像)とブランディング(明確な差別化)になります。
 
魅力や本質というのは人が備え持ったもの、またはそこから生み出されたものであり、そこには想いがあります。私たちが、ヴィジョンを明確にすることを重要と捉えるのは、その想いや愛情(情熱)から生まれた事業や商品を、ブランドとして結晶化や再結晶化する際に、大事な指針となるからです。そこから中長期を先読みした計画的な「仕組みのデザイン」をコンテンツ化することで、ブランドを実現します。
 
コンテンツ化する為にリサーチを行いストーリーを確立します。そこからイメージやアイデアを大胆に出し、その組合せ方、表現方法、訴求手段やタイミングも踏まえたMD戦略を立てます。戦略に合わせて流行に左右されないデザインで質を高め、お客様と共に価値ある持続性の高いブランドづくりを行います。
 

人と人の間を取り持つブランドづくり

 

色々なことを試しているのになかなか思うようにいかないというお話を聞きますが、事業や商品の提供側から見たサービスの良さが多々あったとしても、それがターゲットに対して「伝わるコト」として摘出され結晶化(ブランド化)されているか、トレンドに寄りすぎてコモディティ化(平均化)してしまっていたり、ターゲットに伝わるイメージづくりができずに埋もれていないか、
 
大事なのは、視点や立場を変えてみると魅力的なはずが、その魅力を失ってしまうこともあることを理解し、提供する側の視点だけではなく、提供を受ける側の視点で考え、両者の間を、どの様なコンテンツとして繋いでいくかが大事です。
 
市場や環境における「適正さ→差別化→具現化」と、順を追うことでニーズに沿ったコンテンツづくりに繋がり、持続性の高いブランディングを行うことができます。私たちが得意とするブランディングは、話題性に特化するだけではなく、継続的な集客やファン化に比重を置き、ユーザー(消費者や利用者)の満足を常に考えながら、提供する側の皆さまにとっても、ユーザーを満たすコトで満足が得られる仕組みを目指します。
 
人と人、人とコトを「むすぶ」コンテンツは、社会を豊かにする大きな力となるからこそ、提供される側の気持ちや心に響く要素をコンテンツ化していきます。
相互に満足が出来る間(ま=環境)を生み出すことで、お互いが豊かさを享受できるブランドとなり、持続性を持つことが出来ると考えています。
 

ヴィジョンから引き出したデザインプロデュース

 

私たちは、コンテンツをより強力なものにするために、皆さまと検討したヴィジョンからストーリーを引き出し、ターゲットユーザーとなる方と「むすぶ」ためのハブを明確にします。このハブを、良質な潤滑油となるデザイン表現で、アプローチの最適化を図りながら相互間の独自のスペース(環境)をブランドとして構築していきます。
 
皆さまの想いや愛情(情熱)は、瞬間的に伝わるとは限りません。時間を要する場合もあるので、接点や機会づくりをMD戦略とプロモーション計画で練り込み、持続性の高いサスティナブルなデザインとして皆さまと取り組んでいきます。
  
この様に、企画開発、ブランディング、MD計画を通してコンテンツのデザインプロデュースに25年携わることができたのも、デジタルツールだけではなく、地道なアナログ作業をに対するご理解を頂きチャレンジ出来たおかげです。
 
加速度的に進む今の時代こそ、持続性のある事業や環境コンテンツ、コトづくりにおけるブランディングが必要になってきていると肌で感じており、私たちはより一層、皆さまと共に価値あるヴィジョンを見出し、ひとつでも多くの付加価値をブランディングして、豊かな未来創りに貢献していけたらと、スタッフ一同、願っております。
これらからもどうぞ、宜しくお願い致します。
 
     2018年1月15日
    2020年1月15日 デザインプロデュースを更新
    代表取締役 鈷芭 志朗
 

 Indonesia Pulau Lombok -  Mandalika Project - Resort Hotel Zoning & Contents Plan

FUTURE MADE / MISSION

未来を創るということ

持続性の高いコンテンツでブランドづくり

 

 
私たちの仕事は、直感的である様に見られますが、実際は人にとって必要な人間味溢れる誰もが満足いく価値を検討していくものであります。クライアント様側から見た面だけではなく様々な視点から観察や検証を行い、独自の価値を見い出し、新しいストーリーでコンテンツとして構築していきます。
 
このコンテンツづくりに伴う空間やサービスをデザインプロデュースする際、面白い、楽しい、または、美しい、心地よい、という様な、感情的満足度に対する『アプローチの最適化を図る戦略や計画』に重点をおき、伝達手段の最適化を優先することで、ユーザーのインデックスに新しい価値(ブランド)として登録されやすくなります。
 
この様な新しい価値とは、ゼロから創生するとは限りません。気づいていなかったものを見出す、または、新しいものとして伝え直していくこともあります。この時、しっかりとした目標や目的というあるべきカタチ(=ヴィジョン)に沿ってパフォーマンスを引き出し、未来を育て上げられるブランド作りを行います。この一連に則したデザインプロデュースが私たちの仕事であり、「世の中を豊かにする価値あるコンテンツを増やす」ということが私たちの使命です。