コンテンツ創りに特化した
プロデュース&ディレクション

TOP

LAURIER DESIGN GREETING

遊び場を真面目に考える

 
 ローリエデザイン株式会社のホームページへの来訪、ありがとうございます。
 仕事終わりに友達と立ち寄る場、大人の贅沢な休日を過ごす場、家族で出かける場、子どもたちが運動や科学にふれる場など、私たちは、様々な「場=環境」の企画からプロモーションまで携わり、四半世紀となる25年が経ちました。
 
 百貨店やテーマ施設・店舗が多数作られた時代に施設企画や内装設計デザインを、そしてブランド感を統一すべく、ロゴサインやSP(セールスプロモーション)等グラフィックデザイン業務へ広がり、今では事業企画やブランド企画やコンセプトワークなど最初から、幅広く任せて頂くようになりました。
 そして、楽しい、面白い、心地よい、落ち着くなど、人のエモーショナルな部分に訴求する「場づくり」に特化した会社として、また価値のコンテンツ化をクリエイティブなアプローチで実現する共創チームへ成長させて頂きました。
 
 これからも持続性の高い場づくりやブランドづくりを皆さまと共に行っていけるよう、スタッフ一同、誠意あるご提案をして参ります。

 


◎「VR事業部」設立のご挨拶 2020年1月23日

ローリエデザインでは、これからのユーザーとの接点の在り方や、オフィス環境などに対する考え方を実験していくため、2016年よりVRチャットによるミーティングにも取り組んできました。仕事場と生活場がボーダレスになっていく時代、VRチャットなど仮想空間内でのコミュニケーション環境づくりやテレワークにおけるオフィスとの円滑なコミュニティづくりなど、これからのスキーム開発に特化したスタジオを、2020年1月より恵比寿に開設しました。
アナログ性を保った非現実的な環境の作り方など、新しい提案も積極的に行って行ければと思います。


Contents Imaginator

Laurier Official blog

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%title%]

What's DESIGN PRODUCE

弊社の三本柱となる業務
《ブランディング・プロモーションデザイン・空間プロデュース》
 
 

魅力を可視化し
ブランディングでファンを生む

私たちは、ブランディングを以下の様にデザインします。

1)価値を見出し、独自(オリジナリティ)の物語(コンセプトストーリー)を企画立て(プラニング)
2)ファン化のための『接点(アプローチ)』を設計構築(デザイン)
3)規模や予算に合わせて視覚化(ヴィジュアル アイデンティティ=VI)
4)MD(マーチャンダイジング)計画を立て、プロモーションを推進

この、ひとつひとつの行程を丁寧に積み上げる連続性の高いアナログならではのプロデュース力で、ブランディングを実現します。

では他社と何が違うのか?特化した手法とは何か?

IDEA AND INSPIRATION

成長する継続的な楽しさや豊かさを具現化するために

ヴィジョンを明確にし、コネクトを創る

 ターゲットに対してより効果的にブランド(独自性)が伝わるよう、私たちは明確なヴィジョン(あるべき姿)を立てて、アイデアを活かし、ターゲットとのつながり(集客)を図るデザインでプロデュースしてきました。
 その中で集客を実現させる重要なポイントがいくつかありますが、そのひとつが、発想から生むのではなく、着想から得る企画力やデザイン表現力です。
 例えば、「壁=区切る・仕切り」というのが発想ですが、視点を変え、『壁=あるモノとあるモノを結ぶ、またはつなげるもの』として考えるのが着想。人、モノ、コトを、どう区切るかではなく、『どうつなげるか=「コネクト」する』か(独自の結びつけ方を見い出すオリジナリティ)が考える上で軸となります。
 私たちは、この様な独自のアナログの持つ力を引き出したプロデュース力で、賑わいを生む集客できるブランドとして、まずはヴィジョンを打ち立て、場や間、コトやモノの魅力や価値をターゲットに合わせてヴィジュアル化し、体感や体験であってもオリジナリティ高くデザインし、ブランド表現を最大限引き出した環境をつくります。
 

 
 
Concept Image Slide

pic-7.jpg pic-6.jpg pic-5.jpg pic-8.jpg

Official SNS

ローリエデザイン オフィシャル SNS
コロナウィルスの影響から様々なお問合せを頂いております。
お問合せ頂く半数は、この様な未曾有の事態における次の一手に対する振り方に不安がつきまとい、一歩に躊躇しているというご相談です。
そこで、LD7グループとしては本社所在地鎌倉市に対して支援策を練り、弊社なりの応援活動を始めています。
今後は、このエリアを拡大しながらスタッフ一同取り組んで参る所存です。
取組中の鎌倉市応援サイト >>「美味しい鎌倉」<<を確認

【 Laurier Design Instagram 】