理想と情熱をもって取り組み
持続性の高い環境づくりを実現

TOP | 私たちが大切にすること

CREATOR MESSAGE

私たちが大事にすること
 
 

価値への気づき、そしてサスティナビリティデザインへ

 

「豊かな未来は、自分たちが育て上げてこそやってくる」という視点から、私たちは、「より豊かな社会を誰もが共有できる仕組みを創生する」をモットーに、そこで必要となるクリエイティブワークを通して、持続性の高い魅力的な社会づくりを行ってきました。
 
その仕組みづくりの中で重要なのがヴィジョン(理想像)とブランディング(明確な差別化)です。
 
魅力や本質というのは人が備え持ったもの、またはそこから生み出されたもので、そこには想いがあります。私たちが、ヴィジョンを明確にすることを重要と捉えるのは、その想いや愛情(情熱)から生まれた事業や商品を、ブランドとして結晶化や再結晶化する際に、大事な指針となるからです。そこから中長期を先読みした計画的な「仕組みのデザイン」を構築することで、ブランド化を実現します。
 
ブランディングワークは、リサーチを徹底して行いストーリーを確立し、イメージやアイデアを大胆に出し、その組合せ方、表現方法、訴求手段やタイミングも踏まえたMD戦略を立て、流行に左右されないデザインで質を高めて、お客様と共に価値ある持続性の高いブランドづくりを行います。
 

人と人の間を取り持つブランドづくりが大切

 

近年ご相談の多いひとつに「色々なことを試しているのになかなか思うようにいかない」というお話があります。この様な時、まずお伺いするのは、事業や施設・店舗を営む側から見た環境や商品、サービスの良さが多々あっても、それが「伝わるコト」として摘出され結晶化(ひとつのブランド化)しているか、それを的確に言葉にできるかを確認します。
素敵な環境や商材があるにも関わらず、トレンドに寄りすぎてコモディティ化(平均化)してしまっていたり、ターゲットに伝わるイメージづくりができでなく、独自性を発揮することなく埋もれている場合も多いからです。
 
大事なのは、視点や立場を変えてみると魅力的なものがその魅力を失ってしまうこともあることを理解し、提供する側の視点だけではなく、提供される側の視点で考え、する側とされる側の間に、どの様な価値を見出し繋いでいくかです。
 

持続性の高い仕組みのデザインを提供

 

ブランディングにも色々ありますが、最近主流である、打ち上げ花火的な一過性の話題で人を集める短期勝負ではなく、持続性を考える場合、想いや愛情(情熱)に裏打ちされた、また、それらが詰まった技術や環境から導き出した理想像を基に、市場や環境における「適正さ→差別化→具現化」と、順を追うことで正しい仕組みづくりに繋がり、持続性の高いブランディングを行うことができます。
 
話題性を追ったブランディングは、想いや愛情が埋め込まれた環境や商材を運営者や働き手が共感して支えるというブランディング手法とは違い、運営者や働き手もお客様になってしまうという作用があり、継続する上での品質の維持管理や、コスト面を見ても実は効果的ではなく、流行の施設が短気で業態変換などを余儀なくされるのはこの影響からです。
 
私たちが得意とするブランディングは、話題性に特化するのではなく、継続的な集客に比重を置いたものです。それは、ユーザー(消費者や利用者)の満足を第一に考えながら、提供する側の皆さまにとっても、ユーザーを満たすコトで満足が得られる仕組みになっているかがとても重要と考えるからです。
 

人と人の間を取り持つ「間=余白」が大切なブランディング

 

弊社の仕組みづくりは、「遊び(=余白・間/ま)」を、皆さまとユーザー様の間に作るところが特徴です。人と人、人とコトを「むすぶ」独自性の高いこの仕組みは、社会を豊かにする大きな力でもあります。
 
提供される側の「えっ!」、「おぉ!」という、気持ちや心持ちに響く要素をブランディングに取り入れるので、提供する側のスタッフも提供者としてステージ(施設や店舗環境・売場など)に立った際、働く場として満足の行く環境が得られ、相互に満足が得られる「重なる部分」を見出せます。これが持続性の高いブランディングを実現するポイントです。
 
なぜ、相互に満足が出来る間(=環境)を生み出すことが重要かというと、私たちは、お金を運用し増やすビジネス(そこに人が介在せずとも成り立つ仕組み)より、人と人が集まって物々交換をしていた時代に生まれた言葉「商い(秋の内=あきない)」となる事業を主とした計画を立てて、ブランドづくりを行うからです。いわば人の生活を満たし、豊かさ享受できる必要なコトづくりこそがブランド力であり、持続性を持つことが出来ると考えています。
 

ヴィジョンから引き出すデザインプロデュースワーク

 

私たちは、皆さまのヴィジョンからストーリーを引き出し、訴求する方向性を一緒に検討し、ターゲットユーザーとなる方と「むすぶ」ためのハブを明確にします。このハブを、良質な潤滑油となるデザイン表現で、アプローチの最適化を図りながら相互間の余白を構築していきます。
 
皆さまの想いや愛情(情熱)は、瞬間的に伝わるとは限りません。時間を要する場合もあるからこそ、接点や機会づくりをMD戦略とプロモーション計画で練り込み、持続性の高い未来を育て上げるサスティナブル デザインとして皆さまと取り組んでいます。
  
この様に企画開発、ブランディング、MD計画を通してデザインプロデュース業務に25年携わることができたのも、時にデジタルを駆使しながら、裏側での地道なアナログ作業をご理解頂き、チャレンジ出来た皆さまのおかげです。
 
加速度的に進む今の時代こそ、持続性のある事業や環境づくり、コトづくりとブランディングが必要になってきていると肌で感じており、私たちはより一層、皆さまと共に価値あるヴィジョンを見出し、相互に結びつく環境づくりに更にチャレンジし、ひとつでも多くの付加価値をブランディングして、豊かな未来創りに貢献していけたらと、スタッフ一同、願っております。これらからもどうぞ、宜しくお願い致します。
 
     2018年1月15日
    2020年1月15日更新
    代表取締役 鈷芭 志朗
 

FUTURE MADE

未来を創るということ(ミッション)
価値の検証と、持続性の高い魅力のブランド化とは

私たちはクライアント様から、より多くの人との関わりを持ち、より多くのカスタマーを獲得し、より長く事業に従事する戦略をブランディングやプロモーション、デザインプロデュースの中で求められてきました。そして、ひとつひとつ共に積み上げ、これまで信頼関係を築かせて頂きました。
 
ご相談に対して、初めは「ストーリー」や「シーンづくり」からお話しさせて頂きますが、 "それは何ですか?"、 "それは必要なことなのですか?"と聞かれる場合が御座います。
 
私たちの仕事は、直感的である様に見られますが、実際は人にとって必要とされる人間味溢れる皆が満足いく環境を検討していくものです。クライアント様側から見た面だけではなく様々な面から観察や検証をして、同じものであっても違った価値を見い出したり、新しいストーリーで環境や空間、そしてサービスをMD戦略を練りながら開発して参ります。
 
また、この環境づくりやサービスを提供する際、「面白い」、「楽しい」、または、「美しい」、「心地よい」という様な、感情的満足度に対する"アプローチの最適化を図る戦略や計画"もデザイン(サービスや集客の仕組みを設計)します。なぜなら伝達手段の最適化は、ユーザーのインデックスに登録されやすくなり、機能面でもとても有効になるからです。
 
新しい価値とは、ゼロから創生するとは限りません。時には”そんなことか”と、感じられることがあるかも知れません。気づいていなかったものを、価値あるものとして組み立て直す、または、新しいものとして時間をかけて伝えながら、より良くしていく。これは、手段に偏らず、しっかりと目標や目的というあるべきカタチ(=ヴィジョン)に沿って体制を強固なものにしながらパフォーマンスを引き出し、未来を育て上げます。この一連となるマーチャンダイジングに則したデザインプロデュースが私たちの仕事であり、「世の中にひとつでも良いものを増やす」というのが私たちの使命です。