多くの出逢いと感動がある
持続性の高い環境づくりを

TOP | 私たちが大切にすること

CREATOR MESSAGE

私たちが大事にする要素
 
 

価値への気づき、そしてサスティナビリティデザインへ

 

「未来は、育て上げるもの」という視点から、私たちは、「より豊かな社会を皆が共有できる仕組み」に必要なクリエイティブワークを通して、持続性の高い魅力的な社会作りを皆さまと共に行ってきました。
 
その「仕組みづくり」の中で重要なのがヴィジョンとブランディングです。
 
私たちは特に、ヴィジョンを明確にすることを大切にします。なぜなら、魅力や本質を抽象化しながら、そこで留めず、結晶化や再結晶化に初めから取り組み、中長期を先読みした計画的な「仕組みのデザイン」をヴィジョンから導くからです。
ブランディングにおいては、リサーチを徹底して行い、イメージやアイデアを大胆に出し、その組合せ方、表現方法、また、訴求手段やタイミングも踏まえてMD戦略を立て、デザインの質を高め、アイテムとして羅列するのとは違った、新たな価値の共創を狙います。
 
例えば、近年、ご相談が多いひとつに「観光に力を入れたいのですが」というお話があります。
この様な時、まずお伺いするのは、
皆さまの住む地域の魅力はしっかり引き出され、地域で共有できていますか?
住んでいる方でないと良さは分からないという面は多々ありますが、「伝わるコトやモノ」として摘出され、的確にデザインし、結晶化されているでしょうか?
素敵な環境や商材があるにも関わらず、トレンドに寄りすぎてコモディティ化してしまい、伝わるイメージづくりができず、独自性を発揮するようなことなく埋もれていませんか?
と、いうように、、、
同じものであっても、視点や立場を変えると多くのものが見えてくるでしょう。これこそが正しい仕組みづくりになります。
 
私たちが得意とする集客のデザインは、この仕組みのデザインから引き出しています。
 
これは、皆さまの仕事場づくりではなく遊び場づくりとも言えます。
どういう事かというと、ユーザー(購買者や消費者または利用者)に対して満足を第一に考えないと、集客はできません。そこで、まずターゲットユーザーの満足を時には驚かせながら考えていく必要があります。この様に誰かを満たすというモノやコト、そのための「遊び(=余白)」の部分が重要であり、これが結果、誰にとっても遊び場になるという理屈です。
人と人、人とコト(モノ)を「むすぶ」こと(仕組み)は、社会を豊かにする大きな力でもあり、提供する側の視点だけではなく、提供される側の「気持ち」や「心持ち」も、イメージ構築における必須要素として取り入れます。
まず、伝わるコトやモノとしてストーリー立てをヴィジョンに沿って明確にし、「むすぶ」ためのハブとなる部分は、良質な潤滑油となるようにデザイン表現し、アプローチを最適化します。
 
伝わるコトやモノは、瞬間的なことではなく、時間を要する時もありますが、それこそが持続性の高い未来を育て上げる大切な要素=サスティナビリティーデザインと捉え、取り組んでいます。
 
新しいことに何から取り組めばよいか?
今をもう少し変え、よりよくするにはどうしたらよいか?
 
企画開発、ブランディング、MD計画を通してデザインプロデュース業務に25年携わり、ご対応させて頂きましたが、加速する今の時代こそ、継続性の高い事業や環境、モノづくり、コンテンツが必要で、今こそ取り組みを始める時です。
そのために私たちはこれからも、皆さまと共に価値あるヴィジョンを見出し、遊び場づくりにチャレンジし、豊かな未来を創っていけたらと、スタッフ一同、願っております。
 
    2020年1月15日更新
    代表取締役 鈷芭 志朗
 

FUTURE MADE

未来を創るということ(ミッション)
価値の検証と、持続性の高い魅力のブランド化とは

私たちはクライアント様から、より多くの人との関わりを持ち、より多くのカスタマーを獲得し、より長く事業に従事する戦略をブランディングやプロモーション、デザインプロデュースの中で求められてきました。そして、ひとつひとつ共に積み上げ、これまで信頼関係を築かせて頂きました。
 
ご相談に対して、初めは「ストーリー」や「シーンづくり」からお話しさせて頂きますが、 "それは何ですか?"、 "それは必要なことなのですか?"と聞かれる場合が御座います。
 
私たちの仕事は、直感的である様に見られますが、実際は人にとって必要とされる人間味溢れる皆が満足いく環境を検討していくものです。クライアント様側から見た面だけではなく様々な面から観察や検証をして、同じものであっても違った価値を見い出したり、新しいストーリーで環境や空間、そしてサービスをMD戦略を練りながら開発して参ります。
 
また、この環境づくりやサービスを提供する際、「面白い」、「楽しい」、または、「美しい」、「心地よい」という様な、感情的満足度に対する"アプローチの最適化を図る戦略や計画"もデザイン(サービスや集客の仕組みを設計)します。なぜなら伝達手段の最適化は、ユーザーのインデックスに登録されやすくなり、機能面でもとても有効になるからです。
 
新しい価値とは、ゼロから創生するとは限りません。時には”そんなことか”と、感じられることがあるかも知れません。気づいていなかったものを、価値あるものとして組み立て直す、または、新しいものとして時間をかけて伝えながら、より良くしていく。これは、手段に偏らず、しっかりと目標や目的というあるべきカタチ(=ヴィジョン)に沿って体制を強固なものにしながらパフォーマンスを引き出し、未来を育て上げます。この一連となるマーチャンダイジングに則したデザインプロデュースが私たちの仕事であり、「世の中にひとつでも良いものを増やす」というのが私たちの使命です。